気持ち良い取引のために。

思い通りの買取が行えないと思っておく

ブランド物の買取をしてもらう際、『ブランド物だから高く売れるだろう。』と期待はしない方が良いです。なぜなら、ブランド物を買った当時の価格よりも、買取の方が安くなるのは当たり前のことだからです。 買取の方が安くなる理由は、そのブランド物が『使われた状態』だから、いわゆる『中古』になるため、新しさがない分安くなります。ブランド物であることにこだわっていると、買取の際、揉めてしまい、印象が悪くなって余計に安くされる可能性もあります。問題なく取引し、見合った値段で買い取ってもらうためにも、文句を言わず受け入れるようにしましょう。そして、ブランドにこだわらず、買った時よりも安く買い取られることは当たり前だと考えておきまし。

良い状態にしてブランド物を売りましょう

『もう必要ないから』という理由でブランド物を売ることはよくあります。これをこのまま売ってしまうのは、正直もったいないので注意しましょう。なぜなら、ブランド物の状態を修繕し、良い状態にすれば高く売れる可能性が上がるからです。 もしそのまま売ってしまった場合、ブランド物だから他よりは高く売れはしますが、『中古』であることと『物の状態』によって安くなってしまいます。『中古』であることはどうしようもありませんが、『物の状態』はいくらでも修繕が効きます。例えば、キズや糸のほつれ、汚れなどを修繕すれば、その分『良い状態』であることがアピールされ、思った以上に高く売れることがあります。そうなれば、売る側としても『思ったより高い』と良い取引ができます。だから、買取をお願いする時は、ブランド物を修繕してからにしましょう。